海鮮ご飯 Part 2

三重県立相可高等学校

三重県で唯一の調理科のある高校。村林新吾先生ご指導のもと、調理クラブの生徒が、地元食材を活用して運営する、高校生レストラン「まごの店」は、ドラマ化もされ、県外からも多くのお客さんが訪れています。

メッセージ

新型コロナウィルスの対策として、現在は休業しております。夏休み頃から再開いたしますので、是非、私たちの心のこもったお料理を楽しみにいらしてください。笑顔でお迎えいたします!

使用鍋

墨貫入 7号

材料(8人分)

・鯛の身(上身) 1尾分

・かわはぎ(上身) 2尾分

・烏賊(上身) 1尾分

・木の芽 10g

・塩

 

米 2カップ

<鯛ご飯(洗い米の一割り増し)>

・鯛、かわはぎのだし汁 600cc

・鯛の中身 1尾分

・かわはぎのあら 2尾分

・だし汁 1000cc

・塩 小さじ1/4

・味醂 15cc

・薄口醤油 10cc

・濃口醤油 10cc

・酒(炊き上がり) 30cc

作り方

1【魚介類の下処理】

① 鯛、かわはぎの身は、1cm角に切る。

② 烏賊は、表面に切り込みを入れて1cm角に切る。

③ ①、②を混ぜ合わせ、少量の塩を加えて、混ぜる。

 

2【ご飯だしを作る】

① 鯛、かわはぎのあらは、適当な大きさに切る。グリラーで色よく焼く。

② 鍋にだし汁、焼いたあらを入れて火にかける。あくが出たら取る。味を確認して魚のうまみが出たら漉す。

③ 鯛、かわはぎのだし汁と調味料を混ぜ合わせ、冷ます。

 

3【木の芽の下処理】

① 木の芽は水で洗う。

 

4【仕上げる】

① 土鍋に洗い米、調味しただし汁を入れて炊く。

③ 炊き上がる直前に、鯛、かわはぎ、烏賊を散らす。酒を振り、蓋をして蒸らす。

④ 蒸らし上がれば、木の芽を散らす。

 

詳細

三重県立相可高等学校

所在地 / 〒519-2181 三重県多気郡多気町相可50番地

tel / 0598-38-2811

mail / houka00@mxs.mie-c.ed.jp

website / http://www.mie-c.ed.jp/houka/


以前の投稿 新しい投稿