お手軽ひとりランチ カオマンガイ(海南飯)

山川真理子 さん / L'atelier d'OR

栄養士・調理師免許取得後、2004年にオープン間もないイザーレシュウ(現 / Settanta)の料理に魅了され、自分でも作りたいという思いから料理教室を開くことを志す。水口シェフには17年間、他にも名だたるシェフからイタリアン・フレンチ・中華・スペイン料理を学び、さらに現地のフランス人家庭に幾度に滞在させてもらって料理サロンに通った。そして2017年、L’atelier d’OR として活動を開始。五感を使い、素材の良さを最大限に引き出す簡単かつスタイリッシュな料理をコンセプトに、楽しい教室を主宰している。

メッセージ

Stay Homeでサン=テグジュペリを読み直しました。

”人間は障害に向き合ったときに自らを発見するのだ。”

私たちはなにを見つけるのでしょうか?あなたはなにを見つけられるのでしょうか?

悪いことばかりじゃないと信じたいですね。

レシピのポイント

特別なコツが必要ないほど、シンプルで簡単にできる料理です。

使用鍋

COTTO Toban

材料(1人分)

・無洗米 0.6合

・鶏もも肉 1枚(小さめ)

・酒 大さじ1

・塩 小さじ1/2

・にんにく 少々

・しょうが 少々

・青ネギ 少々

・顆粒鶏ガラスープ 小さじ1

・水 米と同量

・しょうが(千切り) 少々

・つけ合わせ(パクチー、きゅうり、レモン、トマト、卵、パプリカ、ピーナッツ...などお好みで)

・ソース(スウィートチリ、胡麻だれ、ポン酢などお好みで)

作り方

① 鶏もも肉の皮にフォークで穴をあけて ビニール袋に入れて 酒、しお、にんにくとしょうがのすりおろし、ネギの青い部分を入れてよくもみこむ。

② 鍋に無洗米を入れて顆粒鶏ガラスープと混ぜ合わせ水を注ぐ。

③ 米の上に①の鶏もも肉と千切りしょうがをのせ蓋をし強火にかける。沸騰したら弱火にして12分炊く。

④ 15分蒸らす。

⑤ 鶏もも肉をとりだし食べやすくカットし鍋にもどし、ほかのつけ合わせを盛りつける。

詳細

L'atelier d'OR

tel / 090-2577-2002

mail / latelier-dor@docomo.ne.jp

Instagram / https://www.instagram.com/latelier_dor_mariko/?hl=ja

 


以前の投稿 新しい投稿